1. 九谷焼の誕生

(17世紀後半)
古九谷窯址碑

江戸時代前期は、九谷焼が誕生した時期です。

九谷焼は、大聖寺藩を治めていた初代藩主の前田利治\(まえだ としはる\)のもとで、1655年に作り始められた磁器です。鉱山開発の最中に、領内の九谷村で磁器の原料となる陶石が発見されたことがきっかけとなり、伊万里焼で有名な有田(佐賀藩)の技術を導入して、磁器の生産を始めました。陶石の産地となった九谷村に、磁器を焼くための窯を築いたことで、その地名にちなんで「九谷焼」と呼ばれるようになりました。

青手竹虎図平鉢

特にこの時期に作られた九谷焼は、後世「古九谷」—古い九谷焼—と呼ばれ、その青手や色絵の美しい絵付けのスタイルとともに、磁器の職人や知識人たちの間で特別視される名作として、大切に受け伝えられてきました。

しかし、古九谷は制作開始からおよそ50年後に、突然生産が終わってしまいます。大聖寺藩の財政難による窯の資金不足や、藩主の代替わりをきっかけとする政策の方針転換など、制作終了の理由はいくつか想定されますが、明確な証拠は見つかっておらず、今日まで「謎」として残されたままです。